ボイストレーニングの方法や、滑舌・話し方に関するお役立ち情報をお届けします

VOICE TRAINING INFORMATION― ボイトレ情報 ―

【動画】高音発声の妨げ「苦手な子音」の無くし方②~「ら行」の発声編~

2020/08/08
前回もとりあげた苦手な子音のなくし方、
今回は「ら行」です。

前回は唇を使った子音でしたか今回は舌を使った子音ですね。
この「ら行」は会話でも苦手としている方がいますので、歌になってもやり辛い事のある子音です。


この場合も大体は舌に力が入ってしまっていて、高音発声時の力みに繋がることが多いです。
また舌から下顎にかけての筋肉が力んでしまって「ら、ら、ら」と発音する度に下顎ごと大きく動いてしまい、
軽く発音が出来ないというケースもよくあります。

そしてそれらを改善していく練習法で有名なものにタングトリルというものがあります。
巻き舌を持続させて発声する発声練習ですね。



ただこのタングトリルというものもやってみると以外と難しい、出来ない、といった人もこれまた多くいます。
でもそんな時に一生懸命タングトリルを出来るようにするための練習に時間をかけていては貴重な練習時間が勿体ないですよね

今回の原因は舌に力が入っている事なので、それを脱力して行く方法というのは他にも色々とあります。

例えば「らららら」と早く連続して発音してみて下さい。
下顎が発音と一緒に動かないように注意し、舌先を上前歯の裏より少し後ろに軽くつけ、軽い力で発音していきます。

素早く連続して発音していく事が出来るようになれば、
舌の不要な力が抜けてきているということなので
高音でも段々と楽に出しやすくなっていきます。


素早く発音出来ない場合は「らならならならな」等と同じく舌先を使う子音と交互にやってみてください。
最初はゆっくり、段々と早く、「らならならな」が楽に出来るようになってきたら、
「らららら」で再度チャレンジしてみて下さい。


このような練習の方法で実際に、不要な力が抜けた感覚を掴める事があるので、
タングトリルだけに頼らず是非実践してみて下さい。

この発声練習の細かいやり方は下部にある動画からチェックして下さい。




タングトリル自体は歌の表現で巻き舌として使うこともあるので、
出来るようにしたい方は、舌の力み改善のため、ではなく巻き舌を使うためという別の目的として
練習をする事をおすすめします。

今回は舌の脱力のという事で、そのやり方はあえては書きませんので、トレーナーに直接聞いて頂ければと思います。



動画はこちらからチェック↓↓
ADDRESS
東京都港区港南2-2-13 清水ビル3F
ACCESS

品川駅港南口 徒歩1分
【品川駅】JR在来線改札を出て、
東西自由通路を港南口に進みます。

通路を通り抜けるとエスカレータがあり、
そこから降りると駅前広場に着きます。

その先正面に見える【吉野家】【やきとり鳥一】の
右脇にある道に入ります。

20mほど進むと、左側にある一階に丼ぶり屋【幸丼】が
入っている清水ビルの3階です。