ボイストレーニングの方法や、滑舌・話し方に関するお役立ち情報をお届けします

VOICE TRAINING INFORMATION― ボイトレ情報 ―

【動画】高音が必ず伸びるボイストレーニング法㉙~歌に繋げる発声編~

2020/06/27
発声練習ではここまでできるのに、歌になると出来なくなってしまう。
ボイストレーニングをした事のある人ならそんな経験が一度はあると思います。

今回は高音を伸ばす為の発声練習にフォーカスして
そんな時どうしたら発声が歌に活かせるのか
発声をどこまでやったらどれくらい歌に活きてくるのか。
といった所をお話ししていこうと思います。


例えばここでは、高音を出すための発声練習ではアーチ型の発声練習が有効
という紹介をしてきていますが、その発声練習でhiAまで出たとしても
歌の中ではhiAが上手く出せない。
といったような事が良くあると思います。

こういったところからか人によっては発声練習なんて意味が無いと思ってしまう方もいるかもしれません。

ですがこれは本当は不思議なことではありません。


発声練習とは出しやすい口の形や音階のパターンなど
やりやすい環境を整えた上で発声をしてその感覚を掴み、技術として定着したら次の音
といった具合に進んでいくものです。
ですが歌の場合はずっと高い音が続いたり、瞬間的に高い音が出てきたりと
出しやすい環境ではありませんので、発声練習でギリギリ出せるところが歌になると扱いづらいのは当然の事なのです。


なら発声練習でどこまで出来れば歌でもコントロールして使うことが出来るのか、についてですが
まず高音を歌でも使えるようにする重要なポイントを三つあげます。

・アーチ型ではなくその音単発で出せるようにする
・その音を伸ばせるようにする
・連続して何回も出せるようにする


この三つがクリアできていないと歌で使う事は難しいです。
他にも普段の発声練習で使っている母音や子音以外の母音や子音でも出せるようにしていけると尚良いと思います。

それでも発声練習でギリギリ出せる状態では歌に使えても余裕がなく必死に歌う事になってしまうので、歌で使いたい音の半音3つくらい上の音までは出せるように練習をしていきましょう。
そうすれば発声練習で出せるようになった音を余裕を持って歌に活かす事が出来るでしょう。













動画はこちらからチェック↓↓
ADDRESS
東京都港区港南2-2-13 清水ビル3F
ACCESS

品川駅港南口 徒歩1分
【品川駅】JR在来線改札を出て、
東西自由通路を港南口に進みます。

通路を通り抜けるとエスカレータがあり、
そこから降りると駅前広場に着きます。

その先正面に見える【吉野家】【やきとり鳥一】の
右脇にある道に入ります。

20mほど進むと、左側にある一階に丼ぶり屋【幸丼】が
入っている清水ビルの3階です。