ボイストレーニングの方法や、滑舌・話し方に関するお役立ち情報をお届けします

VOICE TRAINING INFORMATION― ボイトレ情報 ―

【動画】高音が必ず伸びるボイストレーニング法㉛~マイクで実感共鳴体験編~

2020/07/08
共鳴とマイク。
マイクはただ音を拾わせるだけの物、とあまり意識しない方も多いですが
これは実に深く関係しています。

今回はその中でも高音のイメージに役立つ練習の仕方をご紹介していきます。
まずいつもは出せている高音がカラオケやライヴでマイクを持った時出なくなってしまう
そんな風に感じた事はないでしょうか?

実際レッスンの中でもそういう方は多く見かけます。
そんな方のほとんどはマイクを胸の前で構えていたり、下顎辺りに向けて構えていたり、と
マイクが低い位置にある事が多いです。

ではなぜマイクの位置が低いと出し辛くなってしまうのかというと、
多くの人がマイクを持つとそのマイクに向かって歌おうとするからです。
そしてこのマイクに向かって歌うという事自体が
無意識のうちに共鳴ポイントのイメージに繋がっているのです。

つまりマイクを胸の前で構えているときは、無意識に胸に共鳴のポイントがきてしまい
高音を出したくても共鳴ポイントが上がらないからすごく出しづらいという事です。

逆に考えてみるとマイクの位置を変えれば高音の共鳴ポイントをイメージしやすくなるという事にもなります。
そこで、マイクを持ちながら高い声を出したい時に
おでこの辺りにマイクを向けてみて下さい。
もちろんその場所では音は拾えませんが、高音の発声の時にはおでこ辺りに共鳴ポイントがくるといいので
そのマイクに向かって音を出すようにイメージしながら高い声を出してみて下さい。

この時顔ごと上を向かないようにだけ気をつけて下さい。

この方法は普段から高音の共鳴ポイントが上がらない人にも個人差はありますが効果があるのでお勧めします。

共鳴のポイントの違いによる細かい響きの違い等は動画をみて確認してみて下さい。






動画はこちらからチェック↓↓
ADDRESS
東京都港区港南2-2-13 清水ビル3F
ACCESS

品川駅港南口 徒歩1分
【品川駅】JR在来線改札を出て、
東西自由通路を港南口に進みます。

通路を通り抜けるとエスカレータがあり、
そこから降りると駅前広場に着きます。

その先正面に見える【吉野家】【やきとり鳥一】の
右脇にある道に入ります。

20mほど進むと、左側にある一階に丼ぶり屋【幸丼】が
入っている清水ビルの3階です。