ボイストレーニングの方法や、滑舌・話し方に関するお役立ち情報をお届けします

VOICE TRAINING INFORMATION― ボイトレ情報 ―

【動画】高音が必ず伸びるボイストレーニング法㉚~舌の脱力編~

2020/07/04
皆さんの中にもあの手この手で高音を出そうと試みて、日夜喉や舌の筋トレに励んでいる方がいるのではないでしょうか?

勿論高音を出すのに声帯周りの筋力はある程度必要ですが、舌はどうでしょう?

はっきりと言葉を発音出来るくらいの筋力があれば十分だとは思いませんか?


今回は高音が出し辛い方、熱心に舌筋を鍛えている方にもチェックしていただきたい舌の力みについてです。


舌は無意識のうちに力んでしまうことも多く、一人で練習していると原因として気付きにくいことも多いです。
ですがこの舌の力みは喉の力みに直結してしまう事も多いので気付いて改善できれば
結果的に喉の力みもなくなって高音が出しやすくなる事もある重要なポイントです。

例えば舌が喉の奥のほうに引っ込むような形で力む場合、喉に近い場所も緊張してしまうので高音が出し辛くなってしまいます。

そして舌に力が入ってしまう人は「ラ」が連続して言いづらい事も多く
この時舌と顎の動きがセットになってしまい、ラララと発音するたびに下顎が動いてしまう事もよくあります。

この対処法としては、まずは下顎をほとんど動かさないように意識をし、
それでも動いてしまう時は下顎を押さえて動かないようにするのも有効です。


他にも少数派ですが「あ」の母音でも高音になるにつれて舌が浮いてきたり、前に出てきたりする人もいます。
舌が浮いてしまうと喉の出口を邪魔してしまうのでやはり高音は出し辛くなっていきます。


この場合には、舌をおろして下の前歯の裏側に舌先が来るよう自然に置いて、そのまま発声をするよう意識します。
それでも力んで舌が浮いてしまう場合は表情筋を使ってにこっと笑うようにしながら発声してみて下さい。
表情筋に力を入れている時には舌は力みにくいので脱力した発声がしやすくなります。


意識するというワードを使いましたが、舌が力んで高音が出し辛い人はそもそも舌が原因と気づいてない事が多いので
まずは気付いて意識をするという事がとても大切なのです。

皆さんも一度自分の高音が出し辛い原因が舌ではないか是非チェックしてみて下さい。

チェックの仕方は、
ララララララララとスムーズに早く言えるかどうか
シンプルに鏡を見て高音発声をした時に舌が浮いてないかどうかです。




まずは気付く、そして意識をしてまたステップアップしていきましょう。










動画はこちらからチェック↓↓
ADDRESS
東京都港区港南2-2-13 清水ビル3F
ACCESS

品川駅港南口 徒歩1分
【品川駅】JR在来線改札を出て、
東西自由通路を港南口に進みます。

通路を通り抜けるとエスカレータがあり、
そこから降りると駅前広場に着きます。

その先正面に見える【吉野家】【やきとり鳥一】の
右脇にある道に入ります。

20mほど進むと、左側にある一階に丼ぶり屋【幸丼】が
入っている清水ビルの3階です。