ボイストレーニングの方法や、滑舌・話し方に関するお役立ち情報をお届けします

VOICE TRAINING INFORMATION― ボイトレ情報 ―

多く息を吐くだけはNG!~ボイストレーナーが言う「息を流す」の正しい意味~

2020/05/06
ボイストレーニングを受けに行くと
良くトレーナーに「もっと息を流して!」とか
もっと息を吐いて!」とかって言われます。

はたして息がたくさん流れていると声が、しっかり出るのでしょうか?
その方が声が出ているようなイメージがするだけです。

シッカリ声帯全体を鳴らすには、息は流れていない方がいいのです!
もっと分かりやすく言うと、声門閉鎖がしっかりできていて、声帯からの息漏れが少ないほうが、声帯はきちんと鳴ります。

息が多く漏れている声は、ハスキーな声や柔らかい声になります。
あえてそんな声を出したい場合は、息を多く流しましょう!

硬い輪郭のある声を出したい時は、息の漏れを少なく発声すべきなのです。
息漏れの少ない声は、ハッキリとしているばかりでなく、息の持ちも良く、
ロングフレーズに向いています。

しっかりと使い分けられるといいですね。


動画はこちらからチェック↓↓
ADDRESS
東京都港区港南2-2-13 清水ビル3F
ACCESS

品川駅港南口 徒歩1分
【品川駅】JR在来線改札を出て、
東西自由通路を港南口に進みます。

通路を通り抜けるとエスカレータがあり、
そこから降りると駅前広場に着きます。

その先正面に見える【吉野家】【やきとり鳥一】の
右脇にある道に入ります。

20mほど進むと、左側にある一階に丼ぶり屋【幸丼】が
入っている清水ビルの3階です。